ジフテリア・破傷風二種混合ワクチン(DT)

ワクチンが防ぐ病気

ジフテリア
1981年に現在使われているワクチンが導入され、現在では患者発生数は年間0~1名程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状がでない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には筋の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあります。

破傷風
土の中にいる菌が傷口から人の体内に入ることによって感染します。菌が毒素を出すため、口が開けなくなったり、けいれんを起こしたりして、死亡することもあります。患者さんの半数は本人も気がつかない程度の軽い刺し傷が原因です。土中に菌がいるため感染する機会は常にあります。また、お母さんが抵抗力を持っていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

ワクチンの説明

ジフテリア菌・破傷風菌の毒素を無毒化したもの(トキソイド)を混合した不活化ワクチンです。

ワクチンの接種時期・対象者や、費用・助成制度について

公費で接種できる期間
11歳以上13歳未満。神戸市では小学6年生で標準接種します。
13歳の前々日まで受けていただけます。

ワクチンの効果

ジフテリアと破傷風の抵抗力を長持ちさせます。但し、ジフテリア・百日咳・破傷風三種混合ワクチン(DTP)の第1期基礎免疫が不十分な方は、接種スケジュールが異なりますのでご相談下さい。

ワクチンの副反応・副作用や注意事項

接種部位の発赤・腫脹(はれ)・硬結(しこり)が7日目までに約30%にみられます。しこりは少しずつ小さくなり数ヶ月残ることがあります。時に敏感な子で肘(ひじ)を越えて上腕全体がはれた例が少数あります。通常高熱は出ませんが、接種後24時間以内に37度5分以上になった子が0.1%程あります。

このページのトップへ戻る